affinger6

【AFFINGER6(アフィンガー6)】Googleアナリティクスの設定方法

2021年11月28日

こんにちは、めらです。

Googleアナリティクスを設定していると、サイトに訪れた人の行動を可視化することができて、便利ですよね。

でも、Googleアナリティクス設定方法がわからなくて、困った経験はありませんか?

わからない人

・Googleアナリティクスを設定する必要性を知りたい
・Googleアナリティクスの設定方法を知りたい
・Googleアナリティクスとアフィンガー6を連携したい


この記事では、現在AFFINGER6を使用している私が、アフィンガー6をGoogleアナリティクスと連携する方法を詳しくご紹介します。

記事の内容

  • Googleアナリティクスを連携する必要性
  • Googleアナリティクスの設定方法

記事の信頼性

当ブログはAFFINGER6を使用して、Googleアナリティクスを設定しました!

⬇︎今回作成するGoogleアナリティクスはこんな感じ⬇︎

それでは、いきましょう!

⬇︎AFFINGER6を購入検討されている方は、以下の徹底レビュー記事をご覧ください⬇︎

あわせて読みたい
【限定5特典付き】AFFINGER6(アフィンガー6)の評判やオススメできる人を徹底解説

「AFFINGER6(アフィンガー6)を購入検討しているけど、実際どうなの?」この記事ではこんな疑問を解決します。AFFINGER6を愛用している私ががAFFINGER6のメリット・デメリット、導入方法まで徹底解説しています。ご検討中の方は参考にしてください。

続きを見る

\今だけ当ブログ限定の豪華特典5個付き/

AFFINGER6の購入はこちら

クリックすると公式サイトへ移動します

当ブログ限定の豪華特典の内容

  • 私のブログのどこがダメ?現役ブロガーがワンポイントアドバイス
  • より見られるためにブログ1記事の徹底添削
  • アクセスを加速させます!ツイッターでの拡散権
  • SUGOI MOKUJI LITE【公式特典】
  • 「稼ぐサイトの設計図(34ページ分)」【公式特典】

気になった方は、記事の購入ボタンをクリックしてみてください。

Googleアナリティクスを設定する必要性

Googleアナリティクスを設定する前に、「なぜGoogleアナリティクスが必要なのか」をきちんと理解しておく必要があります。

結論、サイトに訪れた人のデータを可視化するためです。

あなたは普段ブログを書いた際に、そのサイトがその後どうなったのかを調べたことがありますか?

実はブログは書いたから終わりではありません、書いた後から始まります。

つまり、ブログの企画を立てて、ブログを書いた後にサイトの分析を行い、それに基づいてブログを修正して、また分析するこの一連の行動が大切なのです。

そのため、最初から完璧な記事を書こうとしなくても大丈夫です。

Googleアナリティクスでは、サイトを連携することによって、サイトに訪れた人のデータを可視化することができます。

Googleアナリティクスとサイトを連携して、サイト分析に役立てましょう!

AFFINGER6(アフィンガー6)でのGoogleアナリティクスの設定方法

それでは、本題に進みます!

アフィンガー6でのGoogleアナリティクスの設定方法は、以下の通りです。

Googleアナリティクスの設定方法

  • Googleアナリティクスに登録
  • アフィンガー6でトラッキング設定
  • 計測できているかの確認

1つずつ見ていきましょう!

Googleアナリティクスに登録

はじめに、Googleアナリティクスにアクセスして、Googleアカウントでログインします。

Googleアカウントをお持ちではない方は、こちらからアカウントを作成してください。

次に、「無料で利用する」をクリックします。

次にアカウント作成をします。

アカウント作成は、以下の流れで進めていきます。

アカウント作成の流れ

  • アカウント名を入力
  • アカウントのデータ共有設定
  • 計測するサイトのタイプを選択
  • プロパティの設定
  • 利用規約に同意
  • トラッキングIDの確認

1つずつ見ていきましょう。

アカウント名を入力

はじめに、アカウント名を入力します。

「アカウント名」は自由に決めてください。

アカウントのデータ共有設定

次に、アカウントのデータ共有設定をします。

アカウントのデータ共有設定では、デフォルトで4つチェックが入っていると思いますので、そのままで大丈夫です。

計測するサイトのタイプを選択

次に、計測するサイトのタイプを選択します。

ウェブのみの場合は1番上を選択してください。

プロパティの設定

次に、プロパティの設定をします。

以下の必要事項を入力・選択してください。

プロパティ設定での必要事項

  • ウェブサイトの名前:連携するサイト名を入力
  • ウェブサイトのURL:連携するサイトURLを入力
  • 業種:サイトの該当業種を選択
  • レポートタイムゾーン:日本を選択

「ウェブサイトのURL」でSSL化している場合は、「⬇︎」より「https//」を選択してください。

入力・選択が完了したら「作成」をクリックします。

利用規約に同意

次に、Googleアナリティクスの利用規約が表示されたら、確認をして「同意する」をチェックします。

トラッキングIDの確認

最後に、以下のような画面が表示されたら完了です。

画面上部の「トラッキングID」はこの後に使うのでコピーしておきましょう。

以上でGoogleアナリティクスのアカウント登録は完了です!

めら

アフィンガー6でトラッキング設定

次に、トラッキング設定をします。

トラッキング設定は、以下の方法があります。

トラッキング設定

  • プラグインを使う方法
  • テーマ編集でコードをコピペする方法
  • WordPressテーマを使う方法

この記事では、この内の「WordPressテーマを使う方法」のみをご紹介します。

その理由は、3つあります。

WordPressテーマを使う方法を選ぶ理由

  • プラグインを使う方法は無駄
  • テーマ編集でコードをコピペする方法は難しい
  • WordPressテーマを使う方法は簡単

1つずつ見ていきましょう。

プラグインを使う方法は無駄

はじめに「プラグインを使う方法」ですが、「All in one SEO」というSEOの補助プラグインを使います。

しかしアフィンガー6の場合、デフォルトでSEO補助機能がついているため、そもそも不要なんです。

そのため、わざわざ無駄にプラグインを使うとサイトスピードが遅くなりSEOに悪影響を及ぼす可能性があるので、こちらの方法はオススメできません。

テーマ編集でコードをコピペする方法は難しい

次に「テーマ編集でコードをコピペする方法」ですが、テーマエディターに、トラッキングコードをコピペする方法になります。

こちらの場合、プログラミングに不慣れな方や、たくさんのコードに対してアレルギーがある方は難しく感じてしまうので、オススメできません。

たしかに、こちらの方法はトラッキングコードコピペして、<head>タグの下にコピペするだけですが、WordPressテーマを使う方法の方が簡単なので、そちらをオススメします。

WordPressテーマを使う方法は簡単

最後に、私がオススメしている「ワードプレステーマを使う方法」です。

こちらは、トラッキングIDを貼りつけするだけで設定が完了します。

そのため無駄なプラグインを入れる必要がなく、プログラミングに抵抗がある人にもオススメの方法です。

さっそく、そのやり方をご紹介します。

「AFFINGER管理」→「Google・広告/AMP」→「Google連携に関する設定」→「アナリティクスコードを貼り付け」

上記の画像の場合は、設定済みの画面ですが、未設定の場合はアナリティクスコードを入力する欄がありますので、入力してください。

トラッキング設定は以上になります。

めら

補足

トラッキングIDがわからない場合

トラッキングIDのページを閉じてしまった等の理由で、トラッキングIDがわからなくなった場合は、以下の手順で確認できます。

「管理」→「トラッキング情報」→「トラッキングコード」→「トラッキングIDを確認」

計測できているかの確認

最後に、きちんと計測できているかの確認をします。

アナリティクス画面を開いてください。

「ホーム」→「アクティブユーザーのリアルタイム」→「1以上になっていたらOK」

試しに「【アフィンガー6】メリット・デメリットを解説」のサイトを開いて、確認してみます。

アクティブユーザー数が1になっていますし、開いているページURLが一致しているので、きちんと計測されていますね。

計測の確認は以上になります。

お疲れ様でした!

めら

補足

計測されない際の対処法

計測されない場合は、以下の原因が考えられます。

計測されない原因

  • トラッキング設定がきちんとできていない
  • 反映に時間がかかっている

トラッキング設定がきちんとできていない

この場合は、設定に漏れがないかもう1度確認してチャレンジしてください。

ミスをなくすにはコードを手打ちではなくコピペすることをオススメします。

反映に時間がかかっている

アナリティクスの設定をしたばかりだと、反映に時間がかかるため、0人表示になる場合があります。

その場合は、時間をおいてからもう1度調べてみてください。

私の場合は、反映に時間がかかりました。

めら

まとめ:AFFINGER6(アフィンガー6)でGoogleアナリティクスとサイトを連携させよう

今回は、アフィンガー6をGoogleアナリティクスと連携する方法」を解説しました。

Googleアナリティクスと連携することで、サイトに訪れたユーザーの行動を把握することができます。

これにより、サイトの改善点がわかるようになります。

サイトを分析して、読者に愛されるサイトを作りましょう。

また、Googleサーチコンソールというユーザーがサイトに訪れる前のデータを知ることができるツールもあるので、そちらも登録しておきましょう。

Googleサーチコンソールについては、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【AFFINGER6(アフィンガー6)】Googleサーチコンソールを設定する方法

「Googleサーチコンソールを使ってサイト分析をしたいけど、わからない」と困った経験はありませんか?この記事では、Googleサーチコンソールの登録方法、アフィンガー6との連携方法を詳しく解説しています。Googleサーチコンソールを設定する際に参考にしてください。

続きを見る

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ちなみにまだAFFINGER6を購入されてない方は、以下の徹底レビュー記事をご覧ください。

あわせて読みたい
【限定5特典付き】AFFINGER6(アフィンガー6)の評判やオススメできる人を徹底解説

「AFFINGER6(アフィンガー6)を購入検討しているけど、実際どうなの?」この記事ではこんな疑問を解決します。AFFINGER6を愛用している私ががAFFINGER6のメリット・デメリット、導入方法まで徹底解説しています。ご検討中の方は参考にしてください。

続きを見る

\今だけ当ブログ限定の豪華特典5個付き/

AFFINGER6の購入はこちら

クリックすると公式サイトへ移動します

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

めら

副業ブロガーです。
20歳の時Webマーケティングの魅力に引き込まれて関連する本を読みあさりました。
ブログではWebマーケティングと私が使っているブログテーマ「AFFINGER6」について発信しています。

-affinger6