webマーケティング

【2022年】Webマーケティングの独学におすすめな本13選

2021年9月26日

こんにちは、めらです。

Webマーケティングをこれから独学で学びたいけど、どんな本を読めば良いのかわからなくて困った経験はありませんか?

わからない人

・Webマーケティングが学べる本を知りたい
・独学でWebマーケティングに挑戦したい

この記事ではそんなお悩みを解決できるように、Webマーケティングが学べるオススメ本をご紹介します!

記事の内容

  • Webマーケティングの全体像が学べる本
  • SEOが学べる本
  • Web広告が学べる本
  • Web解析が学べる本
  • SNSマーケティングが学べる本

記事の信頼性

私はこれからご紹介する本を実際に読みました!

それではいきましょう!

Webマーケティングの全体像が学べる本2選

「Webマーケティング」と言っても、その範囲は実際にかなり広く、コレと一言でまとめることは難しいです。

そこで、まずは全体像を網羅している本を読んでからそれぞれの専門の領域に入ることをオススメします。

これからご紹介する本はマンガや読みやすい字体で書かれているので、文字がズラーと並んでいるのが苦手な人にもオススメですよ!

全体像が学べる本

  • 沈黙のWebマーケティング
  • マンガでわかるWebマーケティング

1つずつ見ていきましょう!

沈黙のWebマーケティング-Webマーケッター ボーンの逆襲-


Webマーケティングについての概要本になります。

基礎的なことをマンガと文字の解説で詳しく書かれているので、初めて学ぶ方でも飽きがこない工夫がされています。

ページ数がかなり多いですが、マンガの比率が多いのでサクッと読める点もポイントが高いです。

マンガだから内容が薄いと思いきや、SWOT分析やコンテンツマーケティング・SNSなども解説されているため、あなたが思っているよりもしっかりと構成されています。

ストーリー形式で構成されていますが、普通におもしろい内容なので、マンガ好きの方は必見です。

同じような名前で「沈黙のWebライティング-Webマーケッターボーンの激闘-」がありますが、こちらは続編になります。

ストーリーが続いているので、気になる方はこちらも読んでみてくださいね!

沈黙のWebライティングはこちら⬇︎


マンガでわかるWebマーケティング 改訂版


これからWebマーケティングを学びたい方でもわかりやすく学べる1冊です。

「そもそもWebマーケティングとは」というところから始まり、主人公のひとみと取引先の不動産会社がいろいろありながら成長していく物語になります。

実際にWebマーケターの仕事内容はどんな感じなのか、どういうスキルが必要なのかを知ることができます。

マンガと解説で構成されているので、サクッと読めることができますよ!

SEOが学べる本3選

ホームページ運営や制作において、「SEO」は大切なことです。

身近な例で言えば、ブログがありますね。

自分のサイトへのアクセス数を増やし、成果を上げるためには必ず通る道になります。

だからこそ、多くのサイトが行っている施策ですし、たくさんのルールや手法が存在しています。

そのため、SEOの基本を知りつつ応用を学んでいく必要があります。

ここでは、そんな基本を解説しつつちょっとした応用も学べる本をご紹介します。

SEOが学べる本

  • 10年使えるSEOの基本
  • いちばんやさしい新しいSEOの教本
  • 現場のプロから学ぶSEO技術バイブル

1つずつ見ていきましょう。

10年使えるSEOの基本


「SEO?なにそれ」という方におすすめの本です。

著者の土井先生とゆきちゃんという女性の会話形式でSEOの基礎知識から歴史までざっくりと学べます。

SEOとは何かから始まり、どんな施策をすれば良いのかをについて解説しています。

章の終わりにまとめがあるので、振り返り学習できるので置いてけぼりにされることがないですね。

本書が初版は2015年ですが、タイトルにある通り10年は使えます。

つまり最低でも2015年までは使えるということになりますね。

なぜなら、これまでSEOはアップデートによりアルゴリズムが幾度となく変わってきましたが、その本質は変わってないからです。

小手先のテクニックを使うことは大切ですが、それは基礎ができてからのお話ですよ。

いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2編 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方


「いちばんやさしいシリーズ」のSEO版になります。

SEOの基礎部分から始まり、モバイル対応についても解説されています。

日本では75.1%の検索がスマホからされている

Web-tan Forum「日本では75.1%の検索がスマホから、調査データにみる検索とSEOの今【SEO情報まとめ】」

上記の記事にもある通り、現在の日本では全体の約4分の3がスマホから検索されています。

実際にGoogleでも「モバイルフレンドリー」と言って、スマホ対応していないサイトの順位を下げることが明らかになっています。

そのため、サイトをスマホ対応していくことは、これからの時代でSEOで勝っていくために必要なことになりますね!

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル


こちらは初心者から熟練者まで対応している1冊になります。

網羅的に書かれており、偏った見解が少なく読みやすかったです。

特に.htaccessやrobots.txtなどのコードについてはとても勉強になりました。

「ネットで見つかる内容」という意見がありますが、この本ほどわかりやすく1冊にまとまっている本を私はあまり知りません。

とはいえ、まったく知識がない状態で読み進めるとよくわからん状態になるかもしれないので、まずは他のSEO本で基礎を読んでからの方がより内容が頭に入るので、そちらをオススメします。

Web広告が学べる本2選

Webマーケティングでは、Web広告はとても大切です。

なんとなくWeb広告を運用していると、コストばかりがかかり、成果につながらないことがよくあります。

Web広告は通常の広告とは異なるので、まずは特徴を知るところから始めましょう。

Web広告が学べる本

  • アドテクノロジーの教科書
  • 基礎から学ぶWeb広告の成功法則

1つずつ見ていきましょう。

アドテクノロジーの教科書 デジタルマーケティングの実践指南


アドテクノロジーの用語解説やそのシステムについて学べる1冊です。

歴史から説明しているので、体型的に学ぶことができます。

実例の部分は少し難しいですが、そんなときは別のWeb広告の本を読んでから再度本書を読んでみましょう。

基礎から学ぶWeb広告の成功法則 Web広告を成功に導く考え方から、明日使える運用テクニックまで


Web広告はたくさんの種類があり、何からやれば良いのかわからないと思っている方にオススメです。

本書では一般的に使われているWeb広告の種類を1つずつ解説しています。

特に広告の出向方法や設定方法・運営方法などはとても勉強になりますよ。

Web解析が学べる本3選

Webサイトの運営はコンテンツを投稿して終わりではありません。

アクセスが急激に変化した場合、なにが原因でそうなったのかなどの分析が大切です。

このように自分のサイトを分析することで、サイトの効率を高めることができます。

そのためには、データの収集方法や改善方法を知る必要があります。

ここでは、それらに対応する本をご紹介します。

Web解析が学べる本

  • 現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書
  • 徹底活用 Googleアナリティクス
  • わかばちゃんと学ぶGoogleアナリティクス

1つずつ見ていきましょう。

現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書


現在Webサイトを運営しているものの、思うような成果が出ていない方にオススメの本です。

本書は、結果を出すために「ビジネスロードマップ」という手法を使い、ゴールまで導くための施策を紹介しています。

また、Googleアナリティクスやサーチコンソールなどの使い方や詳細について解説もされています。

この本を読むことでサイトの分析改善の一連のプロセスを学ぶことができますよ。

徹底活用Googleアナリティクス デジタルマーケティングを成功に導く解析・改善のための操作ガイド


Googleアナリティクスの機能や使い方について詳しく解説されています。

また、操作説明だけでなく、実際に効果の出る改善策についても考え方を教えてくれる点が良かったです。

特にAppndixのセクションでは、Googleタグ管理マネージャーなども解説されておりとても優秀だなと思いました。

わかばちゃんと学ぶGoogleアナリティクス


「難しい本は苦手、できればマンガで学びたい」という方にオススメの本です。

本書はマンガと解説で構成されていますので、まったく知識がない方でも学びやすいです。

Googleアナリティクスの基礎知識はもちろん、Webマーケティングについてもざっくりと解説されていますよ。

SNSマーケティングが学べる本3選

サイトを運営する際に、SNSは是非とも一緒に使うべきでしょう。

なぜなら、SEOだけでは特定の層しかターゲットにできないからです。

SNSを使うことで、そのSNSが持つ独自の特徴によりさらなる層を巻き込むことができるようになります。

また、SNSマーケティングは通常のサイト運営とは異なるノウハウですので、この分野における勉強をする必要があります。

ここでは、SNSマーケティングが学べる本をご紹介します。

SNSマーケティングが学べる本

  • デジタルマーケティングの基礎知識「SNSマーケティング」
  • ファンダムレボリューション
  • 僕らはSNSでものを買う

1つずつ見ていきましょう。

デジタル時代の基礎知識「SNSマーケティング」第2版つながりと共感で利益を生み出す新しいルール


本書は、SNSプラットフォームの選び方、写真や動画の使い方、効果的な投稿内容などについて、データを用いて具体的に解説しています。

Instagramなど1つのプラットフォームを対象して運用方法を解説した本は、たくさんありますが本書では、Facebook、Instagram、Twitter、LINE、YouTube、TiKTokなどの6種類の運用方法を解説しています。

近年はYouTubeショートやティックトックなどのショート動画がトレンドあり、YouTubeやTiKTokを追加した最新版になっているので、時代にあった1冊と言えるでしょう!

SNSに力を入れようとしている人は、読んでみる価値ありです!

ファンダムレボリューション SNS時代の新たな熱狂


発信者と受信者の関係性について学べる本です。

これまでは、ファンとの関係が一方的なものでしたが、SNSの普及によって双方が簡単に繋がれるようになりました。

つまり、一方的に何かを提供する時代ではなく、受信者とともにサービスなどのファンダムを作っていくことが大切になってきたということです。

これからインフルエンサーを目指している方は、ファンとの関わり方を学んでおきましょう。

僕らはSNSでものを買う


SNSによって誰もが気軽発信することができ、誰でもがクリエイターになれる時代になりました。

ただ、どのようにして商品やサービスの購入につなげていけばいいのかわかりませんよね?

その鍵となるのが、本書でも紹介されている「UGC」と「ULSSAS」です。

本書は小手先のテクニックではなく、本質について解説されています。

また、会話ベースなのでサクッと読むことができますよ。

自信がなくなったらWebマーケティングスクールの活用を検討しよう

独学に挑戦してみて「あれ?思っていたより難しいかも」と壁にぶち当たるシーンが出てくると思います。

そういった時、周りに相談できる人がいればいいですが、相談できる人がいない場合はWebマーケティングスクールの利用を検討しましょう。

スクールのメリット

  • 現役マーケターが教えてくれる
  • 就職支援がある
  • 短期間で効率的に学べる
  • もしもの時の返金保証がある など

独学で1番ありがちなのが、わからない時に誰にも聞けなくて勉強を諦めること

私としても同じ志の人間がいなくなるのは悲しいです•••

めら

Webマーケティングスクールでは、現役Webマーケターがあなたの疑問をわかるまで何回でもていねいに教えてくれます。

Webマーケティングは経験・実績がものをいう世界。つまり最初の実績さえ作ってしまえば、2回目からの仕事は初回に比べて大幅に取りやすくなりますよ。

ちなみに受講者の評判が良く有名どころで言えば、「デジプロ」や「マケキャン」がありますね。

以下はあなたの目的・状況別におすすめのスクールを紹介しています。あなたに合う記事を参考にしてくださいね。

成功者は思った時に行動しています。さあ、始めましょう!

めら

まとめ:本を読んだ後は実際に行動してみよう

ということで、今回はWebマーケティング学べる本をご紹介してみました!

独学をする際に、本で学ぶことは全体像を理解する点や、情報の正確性という意味でも効果的です!

本を読んでみて、「この情報は少し古いかな」と思ったらインターネットの情報も併用してみると良いですね!

しかし、その際は情報を鵜呑みにするのではなく、「この情報は正しいのかな」と正確性をきちんと確認するようにしましょう!

また、Webマーケティングは実際に行動しないと意味がありません。

本を読んで満足せずに、実際に行動することで知識がより身につきやすくなりますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

めら

副業ブロガーです。
20歳の時Webマーケティングの魅力に引き込まれて関連する本を読みあさりました。
ブログではWebマーケティングと私が使っているブログテーマ「AFFINGER6」について発信しています。

-webマーケティング